おれさま手帖 KYOTO-STYLE :エネルギーの消費に伴う二酸化炭素排出量


DiaryHome| 管理用:

見出し



日記過去ログ

1999: 6 7 8 9 10 11 12
2000: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2001: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2002: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2003: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2004: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2005: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2006: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

最近のキーワード



+エネルギーの消費に伴う二酸化炭素排出量

日本でのエネルギー消費に伴う二酸化炭素排出量は、環境省においては、「2001年度(平成13年度)の温室効果ガス排出量増減の要因について(http://www.env.go.jp/earth/ondanka/ghg/yoin.pdf)」(「2001年度(平成13年度)の温室効果ガス排出量について(http://www.env.go.jp/earth/ondanka/ghg/index.html)」からたどることができる。)の末尾に出典「JNGI2003」として、示されている。これは、「「気候変動に関する国際連合枠組条約」に基づく第○回日本国報告書」のことだと思われる。

関連:温室効果ガスインベントリオフィス(GIO)関連ライブラリ

http://www-gio.nies.go.jp/library_j/lib-j/1-moelib-j.php

エネルギーの消費に伴う二酸化炭素排出量については、経済産業省(資源エネルギー庁)も日本におけるエネルギー需給の状況の報告において、参考として示している。この値についてはどうも細かく見ると環境省のものと違いがあるように思えるが、詳しくは未調査。

また、エネルギー消費に伴う二酸化炭素排出量については、EDMCも試算を行っている。これも微妙に数値が異なる。

(2004/04/02 16:24:00)


2004/04/02 作成


[Top] [Homepage] [Diary]