おれさま手帖 KYOTO-STYLE 2007年10月


DiaryHome| 管理用:

見出し

20071013:四条通「トランジットモール」
20071030:新居関連

日記過去ログ

1999: 6 7 8 9 10 11 12
2000: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2001: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2002: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2003: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2004: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2005: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2006: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017: 1 2 3 4 5

最近のキーワード

+ 2007年10月13日(Sat)

+ 四条通「トランジットモール」


「歩いて楽しいまちなか戦略」の交通社会実験の一環として、金曜日の晩から日曜日まで四条通が「トランジットモール」化している。具体的には、

というものである。

かなり大がかりなものであり、まずこのような社会実験が実現したことに大きな意義があるということを言っておきたい。

それを踏まえて、いくつか感想を。

○歩道の拡幅

ウッドデッキ部

歩道が拡幅されているが、車道部分を歩く人は少ない。しかし、寺町東詰あたりに設置されたウッドデッキ部分には人が出ているので、段差が心的なバリアになっていたようだ。

バス停付近は、元々の歩道の幅なので、予想どおりそこで人の流れが滞る。これはしかたないことかもしれない。

細路地での信号待ちがないので、人の流れがかなりスムーズになっている。いつもこうあって欲しいと思う。

○車道部

今回の交通社会実験では、タクシー会社の協力もあってか、四条通でのタクシーの客待ちを一掃している。これによってかなり効果が上がっていると思われる。一般車両を除いて、路駐と客待ちタクシーを無くせば、これだけ車両は少なくてすむのか、ということにあらためて驚かされる。


100円循環バス

最近影の薄い100円循環バスが、ミニバスで頻発していた。話に聞くと同時に2台で走っているらしいが、そのようであった。


タクシー乗降でバスが出発できず

大丸の前などには、タクシー利用者による一時的な通行不能が起こっていた。今回の実験では、タクシー利用についてどうすればよいのかわかりづらかったかもしれない。

自転車の乗り入れをどうしているのかよくわからなかったが、走行している自転車はほとんどみなかった。


四条烏丸と四条河原町では
警察による一般車乗入規制

警察、警備員の動員がかなり大がかりであり、日常的にこれを実施するのは、かなり困難ではないかという印象を受ける。定期的に継続するための手だての担保が必要と思われる。

○細路地・自転車

寺町通の路上駐輪が一掃

細路地については、東洞院六角など、細路地の交差点で自動車の渋滞が起こっていた。

寺町通四条下るあたりの路上駐輪が一掃され、かなり歩きやすくなっていた。全体からみると小さいことだが、歓迎したい。

寺町通仏光寺上るあたりには、コインパーキングを利用して、臨時駐輪場が設置されていた。聞く所によると、このような臨時駐輪場が結構設けられていたとのこと。

自転車のユーザーはかなり層が限定されていると思うので、ターゲットを絞って、対策を講じていけば目立った効果が上がるのではないだろうかと思った。

+ 2007年10月30日(Tue)

+ 新居関連

[Top] [Homepage] [Diary]