おれさま手帖 KYOTO-STYLE 2018年02月


DiaryHome| 管理用:

見出し

20180203:節分臨
20180204:散策

日記過去ログ

1999: 6 7 8 9 10 11 12
2000: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2001: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2002: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2003: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2004: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2005: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2006: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2018: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2019: 1 2 3 4 5 6 7 8 9

最近のキーワード

+ 2018年02月03日(Sat)

+ 節分臨

京都では、節分には、壬生寺(壬生寺道バス停)と吉田神社(京大正門前バス停)をつなぐ臨時バスが、節分の日とその前日に運行されます。年間2日だけの系統ですが、ちゃんと専用の方向幕もあります。

5年前に乗車し、撮影しましたが、新しい方向幕になってからはまだでしたので、四条烏丸まで行って「吉田神社⇔壬生寺」を撮影しておきました。



+ 2018年02月04日(Sun)

+ 散策

○「大極殿遺址」碑

近くまで来る用事があったので、千本丸太町北西の内野児童公園にある「大極殿遺址」碑を見にいきました。この碑は平安建都千百年事業として、位置の同定も含め建碑が行われたものであることを知ると、感慨深いものがあります。

おそらく、大極殿の中心地に碑が建てられたとは思いますが、千本丸太町交差点を訪問すると、近年の発掘成果等による大極殿の中心が交差点付近にあることがわかるので、この碑の位置は若干ずれていますが、当時の知見と技術を以ってして同定しようという意気込みを感じることができます。現在の平安神宮も、同じように建都千百年事業の一環として設置されたものです。

「大極殿遺址」の題字は、弘法大師の筆跡に似せたものです。裏側には京都市参事会の建碑であることが記されています。

[Top] [Homepage] [Diary]