おれさま手帖 KYOTO-STYLE 2021年07月


DiaryHome| 管理用:

見出し

20210724:レガシー

日記過去ログ

1999: 6 7 8 9 10 11 12
2000: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2001: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2002: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2003: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2004: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2005: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2006: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2018: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2019: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2020: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2021: 1 2 3 4 5 6 7 8 9

最近のキーワード

+ 2021年07月24日(Sat)

+ レガシー

残念ながらついに東京五輪が始まってしまった。五輪は個人的には昔から好きではないイベントであるが、今回は開催については反対という明確な意思を持ってしまったので、可能な限り関連報道等も忌避することにする。

今回の経過について考えると、新型コロナウイルス感染症がなければ、より多くの人が経済的な、あるいは感動の恩恵を受けられたところ、現実をなかったことにして実施しようとする一部の人々により、そういったものが一つ一つがはぎ取られていったあとに残っていた汚いもの(一部の人々にとってやりたかった目的とやらざるを得なかった理由)がどのようなものであったか考えるよい機会になったことが、東京五輪の最大のレガシーではないかと個人的には思う。

[Top] [Homepage] [Diary]