おれさま手帖 KYOTO-STYLE 2001年04月


DiaryHome| 管理用:

見出し

20010401:_
20010402:_:_
20010403:_:_:_
20010404:_
20010405:_:_:_
20010406:_:_:_:_
20010407:_
20010408:_
20010409:_
20010410:_
20010411:_:_:_
20010413:_:_:_:_
20010416:_
20010417:_:_:_
20010419:_:_:_:_
20010420:_:_:_:_:_:_:_:_
20010421:_:_
20010422:_
20010423:_:_:_
20010424:_
20010425:_
20010426:_:_:_:_
20010427:_:_
20010428:_:_:_
20010429:_:_
20010430:_

日記過去ログ

1999: 6 7 8 9 10 11 12
2000: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2001: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2002: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2003: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2004: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2005: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2006: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017: 1 2 3 4 5

最近のキーワード

+ 2001年04月01日(Sun)

+

発表

今日、晴れて私は相方と結婚することになります。

私たち2人以外知らない、あの日お互いの名前を並んで刻んだあの木の前で、指輪を交換する。それだけのささやかな結婚式を行います。そして、私たちは、きっと誰も探せないだろう新しい土地で、2人だけで人生の再出発を行うつもりです。

新生活を始めるにあたって、私たちはこれまでのすべてをおいていくことに決めました。私の、この、Web siteもその一つです。

ということなので突然ですが、本日をもって、このWeb siteを閉鎖することにします。約1年と9ヶ月、私としてもよく続いたと思います。みなさんが読んでくれたからこそ、続いたと思います。自分勝手な都合で幕を引いてしまうことをお許し下さい。

私たちの幸せを心の片隅でも祈っていただければ、私はそれだけで幸せになれます。みなさんの幸せをお祈りしています。

では、みなさんお元気で。

というのは真っ赤な嘘。結婚もまだですし、この「おれさま手帖 Rebirth」は明日からも続きます。今日は4月1日。みなさんも楽しい嘘をついて下さい。楽しくなかったらごめんね。

+ 2001年04月02日(Mon)

+

+

日々の記録

+ 2001年04月03日(Tue)

+

怒ると叱る

メイプルという30〜40代女性向け雑誌の1記事で、「あなたはちゃんと怒れる人ですか」とあった。記事の内容は、自分の怒りの感情をどう表現するか、その感情とどうやってうまくつきあうかというものであった。

ふと、想像してみる。これがプレジデント(*1)だったらきっと、いかに部下に響くしかり方をするか、組織のためにどういうときに叱るかというような、「あなたは部下をちゃんと叱れますか」という記事にならないと、読んでもらえないだろうなあと思う。

というのが導入。

「怒る」と「叱る」というのは、似ているけど違うものだ。英語にしてみるとよくわかるわけで、「怒る」はbe angryで感情の状態であるのに対して、「叱る」はscold(がニュアンスとして会っているのかどうかは定かではないが)と、動作である。

また、「叱る」という表現だと、ルールに反する行為を行った目下の者を目上の者がに厳しくたしなめるという、上下関係があることで、きわめて密接に社会と結びついた動作になっている。

例えば「車中の迷惑行為」に対して、女性誌と男性誌で見ると、女性誌では「自分の感情といかにうまくつきあうか」ということで、「怒っている自分の感情を正直に表現して!」というもの、男性誌では「自分が社会において果たすべき役割は何か」ということで、「ルールを教えてやるために叱ることが必要だ!」というものにならないだろうか。

怒りの原因は、叱りの対象だけでないことは十分承知の上であるが、上記の女性誌を読むような人には叱ることの重要性を説いてもらいたいし、男性誌を読むような人には叱るという社会的な立場に規定される行動から自分を解放させて、自分の感情というものと向かい合う必要があるということを説いてもらいたいねえ。

(単に怒るだけというのも含めて)叱らないということは、社会における大人としての責任を放棄していることになるし、叱るという表現しかできないというのは、常に自分を上の立場に置くことでしか表現できないということになる。

両方出来る大人になろうぜってこと。男も女も。

で、さっき「叱る」について、ちょっと和英で調べてみたのだが、どうも適切な表現がない。「がみがみ言う」とか「叱責する」というのはあるのだが、ちょっと違うねえ。

(*1)プレジデント…40〜60代のエグゼクティブのための雑誌。おっさんと勘違いした青年がよく読んでいる。例えば「企業リーダーの資質」みたいな記事が多い。

+

追記

↑これは、叱ってしまうことの多い自分に対する戒めでもあるわけです。

+

えーと、彼女とかいると、やっぱり誕生日とかでプレゼントとかあげたりする機会が巡ってくるんですが、最近どうも自分の中でこんなプレゼントを買おうとか、そういう楽しみをなかなか感じられないんですわ。

別に気持ちが醒めてしまったというわけではなくて、プレゼントをあげることに対して醒めてしまった。なにか欲しいものが明確なら、それを買うことは問題ない。しかし、自分で選ぶ場合、あげたら相手が喜ぶことはわかっているんだけど、選ぶことに関して自分の気持ちが盛り上がらない…あ、これって「ED」によく似てるな。

なんでだろ。まあ、いいんだけどさ。

+ 2001年04月04日(Wed)

+

+ 2001年04月05日(Thu)

+

もっとのろけてください(個人的見解)

最近、ネタ少ないし。

結婚式までカウントダウンとかしてください。

+

+

トランスジェンダーの日

+ 2001年04月06日(Fri)

+

+

+

+

めも(訳)

+ 2001年04月07日(Sat)

+

記録

+ 2001年04月08日(Sun)

+

記録

+ 2001年04月09日(Mon)

+

記録

+ 2001年04月10日(Tue)

+

記録

レントゲン写真の結果を見に病院へ。

黒い影とかはないようだ。

胃下垂で、胃と食道をつなぐ門の締まりが悪いらしい。

というわけで、あまり悪くはなさそうなので出社。

打ち合わせで外出、遅くなったのでそのまま直帰。

+ 2001年04月11日(Wed)

+

「リサイクルしてはいけない」で感じる違和感

「リサイクルしてはいけない」という本があって、「リサイクルすると、お金もエネルギーも掛かるんだよ」ということをセンセーショナルに書く本があった。

この本で評価できるのは、「リサイクル、リサイクルって言ってるけど、本当にいいことなんですか?」という問いかけをしたことだ。まあ、その一点に尽きるんだけどね。で、評価できないのは、そのように多元的な見方を誘発するような非常に啓蒙的なことをなさっているのに、ご自分の都合のよいデータばかりを出してきて、「リサイクルいけないんだ」という主張をしておられること。

環境ファシズムを毛嫌いしてそうなのに、そのファシズムを無くそうという方向ではなくて、そのファッショ的な動きを逆の方向に扇動するだけに終わってしまっていることですね。そこが一番の違和感。それでも大学教授なんだろうか。

私ですか? ファシズムはやっぱりいやだなあ。でも、それを扇動している人はもっといやだ。

+

ディベート上手ですか?

+

目がちかちか

一昨日は全休してぼんやりテレビを見ていたのだが、今のテレビの映像って、早回しとスローの組み合わせが多用されているなあと思った。なんだか、目がちかちかするよ。

+ 2001年04月13日(Fri)

+

+

りんかい線

+

相方への暗号

+

+ 2001年04月16日(Mon)

+

漢字

相方が機種交換したので、携帯電話のメールで漢字を送れるようになった。しかし、上部に出る、漢字モードであることを表す、

を、

おとこ

と読んでしまい、「宮下あきら」とか「本宮ひろ志」とかが浮かぶのはどうにかならないか。

ついつい、口調も男弁に。

+ 2001年04月17日(Tue)

+

+

+

+ 2001年04月19日(Thu)

+

ちょっと息抜き

+

ちょっと古い話

+

ちょっと知ったこと

+

ちょっといいですか

+ 2001年04月20日(Fri)

+

文章における「」(カギカッコ)

仕事の文章を書いていると、自分では強調のためにカギカッコを多用するように感じられるので、日記を読み返してみるが、自分ではそれほどでもないなあと思う。(文章らしい文章ではないから、という話もあるが)

カギカッコではないけど、「特攻(ぶっこみ)の拓」の“ ”による強調を多用した台詞はなかなか、ぶっ飛んでる。

特攻(ぶっこみ)の拓…少年マガジンの不良礼賛漫画

+

特攻の拓のセリフについて

+

まめちしき

+

+

+

あなたはリターンキーを何指で叩きますか?

右手の小指が使えていない。

BSは右手の中指、Enterは右手の薬指で押している。Pも薬指だ。

「,」「.」「/」も苦手。

+

覚え書き

+

今日は職場の歓迎会。

では、行ってきます。

+ 2001年04月21日(Sat)

+

昨日書いた「特攻(ぶっこみ)の拓」ですが、あまり免疫のない一部の読者に大ウケでした。

すげーよ、あばれ!隼級。

いやー、世の中にはこんなすごいものがあるんですね。

ちなみに作者は、所十三です。彼の新作のタイトル(「突撃め!!第二少年工科学校」)も突き抜けてます。「突撃め」と書いて「すすめ」と読んで下さい。

+

+ 2001年04月22日(Sun)

+

+ 2001年04月23日(Mon)

+

EARTH DAY

+

Life is a showtime

昨日晩飯食べていると、小沢健二の「ラブリー」が掛かっていた。ああ、'94 あのころはまぶしいほどの若さだったと胸が切なくなった。

+

+ 2001年04月24日(Tue)

+

+ 2001年04月25日(Wed)

+

+ 2001年04月26日(Thu)

+

+

風が吹いてふわりとめくれる

春の風の強い日。風が吹いてふわりとめくれる、

サイドベンツの背広とそこに現れる男の尻

…(-_-)

サイドベンツは背広の背割の形式のうちの一つ。左右両方にスリットが入っている。

+

+

若いって…

東大恋愛バトルロワイヤル

こんな状態となるかどうかはしらないけど、大学新入生の男女達を、某町からの仕事帰りに見た。

大学の新入生で、クラスの飲み会の帰りとおぼしき、男5人女2人。

大学に入った解放感と、男女混ざった飲み会の後ということから少し興奮状態。

いろいろと毛色が違いそうなのが混ざっているところがクラス風だ。

最初、うるさいと思っていたが、よくよく見ていると彼らの若さ故の滑稽さが面白くてたまらない。

例えば、途中で降りた男の子と女の子は、見た目かっこいい男と、きれいな女でその集団の中でも先頭を走っていて、これまで1ヶ月の間で接近していた風だが、女の子のほうが、その集団の中で楽しそうにしていたので、降りるとき、男の子のほうは、なんだか面白くない顔をしていた。女の子のほうが楽しそうに、みんなにバイバイと言っていたのと対照的だった。(正直だ…)

で、最後には男2人が残ったんだけど、二人が

「おまえなら大丈夫だから、いけ(告白しろ)って」

みたいな会話をしていた。

なんだか、赤面したくなるような若さを見せつけられたよ。

+ 2001年04月27日(Fri)

+

+

なぜ「合州国」ではないのか

+ 2001年04月28日(Sat)

+

以前、相方に「2ちゃんねる」って何?と聞かれた。

…むずかしい質問だ。

+

+

昼過ぎから休日出勤。さすがに今日は人が少ない。

そういえば去年もGW前半は仕事してたな。

でも今回はそれほどのせっぱ詰まりようではない。

小沢健二「LIFE」を掛けながら、お仕事。

LIFE IS COMIN' BACK!なんて歌ってみる。

+ 2001年04月29日(Sun)

+

+

+ 2001年04月30日(Mon)

+

「男」の世界

ひさびさに「男」の世界に触れたくなって「魁!男塾」を買ってみた。

昔は本当に民明書房の本リスト)があると信じて探し回ったもんだ

#早く気付けよ>おれ

[Top] [Homepage] [Diary]